スタート -子育て中に安心して休める場所ー

川崎市多摩区で活動している スタートー子育て中に安心して休める場所ーの活動日時・内容などを書いています。             一緒にお茶を飲みながらゆったりとおしゃべりしませんか

スイーツとコーヒー♡おまけにコラム その12

『出会い』ーこの大きなもの


“ 人生を変える出会い ”
そんなテーマの本を読んでいたら
私もある人との出会いが、すぐに浮かびました。
もう30数年も前の出来事です。


娘3歳
幼稚園の入園式の日。

私は、初めての子どもの入園式なので
だいぶ前から娘のために
入園式に合う可愛くてきちんとしたお洋服、靴下、靴、果ては可愛いハンカチまで準備していました。

入園式の前日は大雨
でもその日はよく晴れていました。

幼稚園へ向かう途中
娘は楽しそうにいつものスキップ
ところが地面は水たまり
そこに、バッシャーン!
転んじゃったのです・・・。

娘の泣き声
びっしょり泥だらけのお洋服
顔まで泥
靴下なんて
元は白だなんて思えないブラウンに!

あわてて拭いたものの
少しもキレイにならず・・・。

おかあさん(私のことね)ピーンチ!
頭ぐるぐる
たぶん目もぐるぐる

家に戻る時間なし!
だいたい家に帰ったって
この “ 一張羅 ” 以外着るものなし!

なんで転ぶの・・・
いや、なんで昨日は雨だったの・・・
もう、なんでこれから入園式なの・・・?!
(訳わからなくなってる)

どうしょう
もう絶望
どうしたらいいの。


とにかく園に行くしかないか。
事情を言って、園で洗わせてもらおう。
それしかない。


なんとか、泣いてる娘と園へ。


キレイなお洋服の子どもたち
笑顔のおかあさんたち
にこやかに迎えてる先生たち。

泣きたい気持ちで園の入り口へ。

その瞬間
本当にその瞬間!
担任の先生が娘を抱きしめたのです!!

「ともちゃん、よく来てくださったわねぇ
先生待っていましたよ!」と言いながら。

先生はもちろんキレイなお洋服。
なのに、なんの躊躇もせず
びっしょり泥だらけの娘をぎゅっと。
娘は安心したのか、さらに大泣き。

私はアワアワして
「せ、先生!先生のお洋服が・・・
す、すみません、あ、あの・・・」

先生は娘を抱きしめたまま
私にも笑顔で「中にお入りください」の
ジェスチャー


世の中にこんな人がいるのか、という出会いでした。

泥だらけで泣いてる子どもを見て
「あら」でもなければ
「どうしたの」でもなく
最初にしてくれたことが
泥だらけのまま抱きしめること・・・。

先生には一瞬でわかったのでしょう。
とんでもない事態になって、ただ不安しかない
子どもの心。
情けなさに逃げ出したくなっている母親の心。

でも
それでも
あんな一瞬で、なんの迷いもなく
笑顔とあの言葉で、抱きしめてくれるなんて。

そんなことできる人がいるなんて。


その後のことは、なんだか記憶が
飛んじゃってます。
先生のお洋服は・・・正視できませんでした。
記念写真には
上着は着てなくて、靴下も履いてなくて
スカートは後ろ前にして
なんとか収まっている娘が。


忘れたいぐらいひどい出来事なのに
一生忘れられない出来事になりました。

言葉遣いの美しいその先生には
それからも何度も驚かされました。
「こんな人がいるんだ!」と。


30年以上経っても
娘を抱きしめてくれたあの瞬間を
思いだす度に涙が出ます。


もとより真似など出来るはずもなく
尊敬と憧れを抱いているだけですが
私にとって、とても大きな出会いでした。


スタート代表      大井和枝