スタート -子育て中に安心して休める場所ー

川崎市多摩区で活動している スタートー子育て中に安心して休める場所ーの活動日時・内容などを書いています。             一緒にお茶を飲みながらゆったりとおしゃべりしませんか

スイーツとコーヒー♡おまけにコラム その9

幼いお子さんを育てているママたちへ

『子育てママを不安にさせるもの』
 
 
うちの子
今、こんなことをしてて大丈夫かな
 
小学校に行くようになったら・・・
中学校に行くようになったら・・・
だいたい高校に行けるのかな・・・
 
今のうちに、とにかく
あれもこれもさせておかないと
まずいかな??
 
 
『将来の不安』
子育てママたちから
なかなか離れてくれない厄介なものですね。
 
そりゃ不安にもなりますよね。
この厳しい世の中
先が見えないですからね。
 
先が見えないものに目をこらしても
限界があります。
見えないものは、見えない。
 
それより、今です。
ちゃんと今を、見ておきましょう!
将来のための今ではなく
今を生きて、楽しむための今です。
 
本当の『生きる力』は
そこから養われます。
 
『将来への不安』から『生きる力』は
生まれません。
『将来への準備』ばかりでは、今を見ることができません。
 
こんな言葉があります。
 
 
『今を生きろ!   子どもたち』
 
子どもは未来に向かって生きている
 
けれど 未来のために生きているのではない
子どもは今を生きている
 
未来から逆算して
今をどう生きるか決めているのではない
今 この時を生きている
 
「あなたの将来のため」
なんて言葉がピンとくるはずがない
 
この言葉は
“ 今を犠牲にしないといい未来がこない ” と
教えているようなもの
 
子どもはそんな恐ろしげな未来に
希望を見いだせるだろうか
 
今を楽しめないのに
未来に夢を抱けるだろうか
 
未来なんかどうでもいいと言ってるのではない
 
今を大切に生きてこそ
その延長線上に確かな未来が来る
 
今を大切に生きるというのは
今しかできないことを
思いっきりするということ
 
子どもにとってそれは
 
遊ぶこと
けんかすること
失敗すること
ころぶこと
だだをこねること
手放しで泣くこと
手放しで笑うこと
 
これが生きることそのもの
 
そうすることがゆるされた日々の先に
確かな未来が来る
 
それが
 “ あなたのための未来 ” なのだ           
 
不安を手放すのは
難しいものです。
 
どうしたら
子どもの今を見ることができるのでしょう。
スタートで一緒に考えませんか。
 
 
スタート代表      大井和枝