読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタート -子育て中に安心して休める場所ー

川崎市多摩区で活動している スタートー子育て中に安心して休める場所ーの活動日時・内容などを書いています。             一緒にお茶を飲みながらゆったりとおしゃべりしませんか

昼スタのお知らせ☆

ここ数日暑い日が続いていますね(+o+)

先週の土曜日は運動会だった学校も多いのではないでしょうか。

体調はいかがですか?

 

体調とスケジュールがゆるせば、ぜひ!スタートへお越しください(^_-)-☆

 

今週の金曜日、5月26日はスタート開催日です。

10時から12時、多摩市民館7階の区民活動交流センターにて行います。

 

このお部屋、昼スタでは5月から借りるようになったのですが、

明るくて広くてとってもいいですよ(^^♪

きっとリラックスして、美味しいスイーツ食べながら過ごしていただけると思います。

 

スタッフ一同お待ちしていますね。

 

駐車場や駐輪場は多摩区役所のをお使いください。

場所がわからなかったらスタッフまで連絡くださいね。

 

 

スタートスタッフ 高橋

昼スタ日記(^^♪

子どもの幼稚園や学校につきものの役員…大変ですよね。

いろんな人がいて、いろんなこと言ってくれて💦

 

いやいや。。。

役員に限ったことじゃありません。

いろんな人がいて、いろんなことしてくれます💦

 

今回、人との関わりに必要な「バウンダリー(心の境界線)」の話になりました。

普段なかなか意識せずに過ごしがちですが、

こんなことをスタートで一緒に考えてみるのもよいのでは?

 

次回は5月26日(金)10時~12時、区民活動交流センター会議室(多摩市民館7階)です。

是非ご参加ください(^-^)

 

スタートスタッフ とりうみ

スイーツとコーヒー♡おまけにコラム その10

母の日に    子育てママたちへ


「子育てがこんなに大変だったなんて」

「子育てしてなかったら、私はいい人のままでいられたのに」

「子どもにママって呼ばれるのがイヤな時もあるんです」

「誰かうちの子をいい子にしてから、うちに連れてきてほしい」


子育てのトンネルの中で
暗闇に叫ぶママたちの声です。

この言葉を誰が責められるでしょうか。


疲れてフラフラでも
ご飯を食べさせて、お風呂に入れて
寝かせて、夜中に起きて
服を着せて、汚れものを洗って・・・

終わらない家事
ほめてもらえない子育て
うまくいかない毎日
疲れがとれない日々


そんな時に追い討ちをかける
「あなたも睡眠はちゃんととってね」
「自分の趣味も大切よ」
「たまにはカフェにでも行ってね」
・・・子育ての先輩の励ましとも思えない、お気楽な言葉。

「頑張らなくていいんだよ」
じゃあ、うちはどうなるの?
「頑張りすぎだよ」
じゃあ、今までのことは無駄だったの?
「頑張りすぎないでね」
じゃあ、逃げてもいいの?
・・・きれいごとばっかりの励まし。



手伝ってあげられなくてごめんね。
励ます言葉さえ持ってなくてごめんね。

でも、本当に本当に
子育ては大変だってことだけは・・・わかってるつもり。

自分の経験が美化されていく年齢になっている私に、現実を教えてくれるのはスタートに来てくれるママたち。

ありがとう!
今を生き抜いているママたち。


みなさんがスタートに来てくれるのを
こんな気持ちで待っています。


スタート代表        大井和枝

昼スタのお知らせ☆☆

ゴールデンウィークは、いかがお過ごしでしたか?

私は、ふだんできないことをしようと
思い、連休真っ只中に表参道に行って
来ました。
が!とにかくすごい人、人、人!
歩くのも大変でした…*1
加えて、方向音痴の私は相変わらず
道に迷って…
華やかな表参道ヒルズの裏には、
昭和臭ただようアパートがあったりで、
迷いながらも面白い風景に出会えて
なかなかよかったです。

みなさんもそんなゴールデンウィーク
エピソードや新学期から1ヵ月過ぎた
お子さんたちの様子など、いろいろお話
しませんか?

昼スタは5月11日木曜日、
10時から12時。
場所は市民館の7階、区民活動交流センターの会議室になります。
エレベーターを降りて右側、入口を
入ってすぐ左側に会議室があります。

 

スタッフ一同お待ちしています♪


スタートスタッフ 雑賀真実

*1:+_+

2017年スタート予定カレンダー

 

f:id:ibasho_start:20170508194725j:plain

 

 

f:id:ibasho_start:20170519220150j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪過去のカレンダー≫

 f:id:ibasho_start:20170329212328j:plain

f:id:ibasho_start:20170329212311j:plain

 f:id:ibasho_start:20170214210252j:plain

f:id:ibasho_start:20161222224307j:plain

 

 

 

 

 

 

昼スタのお知らせ☆☆

桜の花は散ってしまいましたが、緑の葉茂る季節となりました。

皆さまいかがお過ごしでしょう?

 

お子さんの新年度の様子に、様々な思いがつのる頃ではありませんか?

「あれあれ?」 こんなはずじゃなかった な~んて感じてみたり

「よくわからないなぁ」なんて思ってみたり…

 

おかあさんご自身もお子さんの新しい生活リズムに戸惑うことだってありますよね?

 

そんなこんなの思いをスタートで話してみませんか?

 

次回昼スタは4月28日、10:00~12:00多摩市民館4階、第3会議室にて開催いたします!

 

皆さまのご参加、心よりお待ちしています♡

 

スタートスタッフ とりうみ

スイーツとコーヒー♡おまけにコラム その9

幼いお子さんを育てているママたちへ

『子育てママを不安にさせるもの』
 
 
うちの子
今、こんなことをしてて大丈夫かな
 
小学校に行くようになったら・・・
中学校に行くようになったら・・・
だいたい高校に行けるのかな・・・
 
今のうちに、とにかく
あれもこれもさせておかないと
まずいかな??
 
 
『将来の不安』
子育てママたちから
なかなか離れてくれない厄介なものですね。
 
そりゃ不安にもなりますよね。
この厳しい世の中
先が見えないですからね。
 
先が見えないものに目をこらしても
限界があります。
見えないものは、見えない。
 
それより、今です。
ちゃんと今を、見ておきましょう!
将来のための今ではなく
今を生きて、楽しむための今です。
 
本当の『生きる力』は
そこから養われます。
 
『将来への不安』から『生きる力』は
生まれません。
『将来への準備』ばかりでは、今を見ることができません。
 
こんな言葉があります。
 
 
『今を生きろ!   子どもたち』
 
子どもは未来に向かって生きている
 
けれど 未来のために生きているのではない
子どもは今を生きている
 
未来から逆算して
今をどう生きるか決めているのではない
今 この時を生きている
 
「あなたの将来のため」
なんて言葉がピンとくるはずがない
 
この言葉は
“ 今を犠牲にしないといい未来がこない ” と
教えているようなもの
 
子どもはそんな恐ろしげな未来に
希望を見いだせるだろうか
 
今を楽しめないのに
未来に夢を抱けるだろうか
 
未来なんかどうでもいいと言ってるのではない
 
今を大切に生きてこそ
その延長線上に確かな未来が来る
 
今を大切に生きるというのは
今しかできないことを
思いっきりするということ
 
子どもにとってそれは
 
遊ぶこと
けんかすること
失敗すること
ころぶこと
だだをこねること
手放しで泣くこと
手放しで笑うこと
 
これが生きることそのもの
 
そうすることがゆるされた日々の先に
確かな未来が来る
 
それが
 “ あなたのための未来 ” なのだ           
 
不安を手放すのは
難しいものです。
 
どうしたら
子どもの今を見ることができるのでしょう。
スタートで一緒に考えませんか。
 
 
スタート代表      大井和枝